アレルギー性鼻炎

  【 こんな病気 
 かぜをひいてもいないのに、鼻水、鼻詰まりなどが起きる病気です。赤ちゃんや子どもの場合はアレルギー性鼻炎だけを起こす場合は少なく、気管支ぜんそくの子どもに多くみられる病気です。
 また、赤ちゃんにはあまりみられず、幼児以上に多くみられるようになります。
  【 原因 
 I型のアレルギー性反応で起きると考えられています。大人のアレルギー性鼻炎の場合は、スギ、ブタクサなど花粉がアレルゲンのことが多いのですが、赤ちゃんや子どもにはこのようなものがアレルゲンになることはほとんどありません。
 なぜなら、アレルゲンになるには、一定期間ある特定のものを吸入したり、食べたりしなければなりません。しかし、花粉は1年に1シーズンだけ飛び散るだけなので、アレルギー反応を起こすには赤ちゃんや子どもは吸入する量が足りないためではないかと考えられています。

 赤ちゃんや子どもの場合にアレルゲンとなりやすいものは、気管支ぜんそくと同様、家の中のホコリ、ダニ、イヌやネコなどのペットの毛やフケなどです。
 大人のアレルギー性鼻炎のように花粉が原因の場合は季節性がありますが、赤ちゃんや子どもの場合のように、ホコリやダニが原因の場合は1年中通して起こります。
  【 症状 
 鼻水、鼻詰まりが主な症状です。大人のようにくしゃみがたくさん出ることはありません。かぜと違い、熱もなく、鼻水は水っぽいのが特徴です。
 鼻がかゆくなって、赤ちゃんが鼻をほじくり、鼻血を出す原因になることがあります。のどがかゆくなることがあります。鼻詰まりが起きていると、母乳やミルクを飲みづらくなります。
  【 治療 】
 アレルゲンがはっきり特定できる場合は、それを避けます。
 症状を軽減させるためには抗ヒスタミン剤を服用したり、鼻の粘膜の血管を収縮させる点鼻剤などを使います。
 大人用の点鼻剤を赤ちゃんに使うと危険です。薬剤を使う場合は小児科医や耳鼻科医の指示に従ってください。
 黄色い粘っこい鼻汁が出ると、ふつうは2,3日で鼻炎は治りますが黄色い鼻汁が1週間以上続く場合は、副鼻腔炎を起こしている可能性がありますので、抗生物質の内服が必要になります。

<<< 救急119番へ戻る