急性中耳炎

 TOP > 急性中耳炎

  【 こんな病気 
よく、お風呂やプールで耳に水が入って中耳炎になると思っている人が多いのですが、水は外耳道の奥にある鼓膜で止められ、中耳にはいることはありません。

風邪を引いたときに鼻やのどにいる細菌やウィルスが耳管を通って中耳腔に侵入して化膿する病気です。
  【 原因 
赤ちゃんや子どもの耳は中耳炎を起こしやすい構造をしています。
大人に比べると、赤ちゃんや子どもの耳は耳管は短くて太く、さらに水平になっているためです。
  【 症状 
 耳の痛みが主な症状です。小さな赤ちゃんの場合は、高い熱が出ることが多いのですが、中耳炎の熱なのかかぜの熱なのか、なかなか区別はつきません。

 痛みを訴えられない赤ちゃんは、ひどく不機嫌になって泣いたりします。炎症がひどくなると、中耳にたまった膿が鼓膜を破って、耳だれになって出てきます。すると、てきめんに痛みはひき、機嫌もよくなります。
  【 治療 
 軽い場合は、抗生物質の内服で炎症を抑えます。炎症がひどいのに膿が外に出ないときは、鼓膜をきって膿を出します。切った鼓膜は、数日後にはくっつくので穴があきっぱなしになるという心配はありません。

 受診する前に鼓膜が破れて、膿が出てしまっているときは抗生物質の点耳薬を直接耳に垂らして治療することもあります。
中耳炎の痛みはだいたい1〜2日でおさまりますが、痛みがなくなっても中耳炎そのものが治ったわけではありません。その後、中耳の中に滲出液が何日か、あるいは数週間たまっています。人によってはそのまま滲出性中耳炎に移行する場合もあるので、治りきるまで薬をきちんと飲むことです。
 
 膿が出た場合は、早く痛みが治まりますが、膿が出ないからといって治り方に差があるわけではありません。
 夜中や休日に痛がったとしても大あわてで耳鼻科に連れて行く必要はありません。耳の後ろの乳様突起という硬い骨に、冷たくしぼったタオルや保冷剤を当てて冷やすだけで痛みは和らぎます。
 かぜをひいたときにお医者さんにもらった解熱剤や座薬があればそれを使うのも良いでしょう。解熱剤には鎮痛作用もありますので、熱がなくても鎮痛作用によって楽になります。

 そのような感じで痛みを抑え、翌日耳鼻科を受診すれば大丈夫です。

<<< 救急119番へ戻る