おうちで看護するママ、応援マニュアル
看護の基本は病人のかたが快適に過ごせるようにすることです。
赤ちゃんや子どもは、言葉で要求を話すことが難しいのでその分も心遣いしてあげたらいいですね
  鼻水・鼻血がでるときの看護のポイント
元気で食欲もあり、熱もなく、ただ鼻水が出ている状態なら急いで病院に行くほどではありません。
鼻の通りをよくするため、鼻吸い器や綿棒を使って鼻水を取ってあげてください。

でも、鼻がつまって夜眠れない、ミルクも飲めないとなったら、病院で薬をもらうなどして、鼻のつまりを解消してあげたほうがいいでしょう。鼻血が出たときは、鼻の穴を鼻の上から指で押さえて、鼻のつけ根をタオルで冷やすと早く止まります。 
◎ 鼻のつけ根をあたためてあげると鼻の通りがよくなる
鼻がつまっていて苦しいときは鼻のつけ根をあたためてやると、通りがよくなります。もし、赤ちゃんが嫌がらなければお湯に浸してしぼったハンドタオルを当てて押さえると効果的です。
◎ たまった鼻のとり方には場合によって違います
● ズルズルの鼻水は鼻吸い器で吸い取ってあげて。
赤ちゃんが気にしてなかなか眠れない様子なら鼻吸い器で吸い取ってしまう方法で。これもやりすぎると刺激になってしまい、逆効果ということもあるので、様子をみながら。


●鼻がかめるようになったら、片方ずつチン!させてみて。
2才くらいになると、自分でチーンと鼻をかめる子がでてきます。ズルズルしているようなら、かむとスッとするので度々鼻をかむのを促してみましょう。みましょう。ここで注意したいのは、鼻は両方一度に力を入れてかむと鼓膜を痛めるので片方ずつかみます。


● 固まった鼻水は綿棒で取ってあげます。
特に月齢の低い赤ちゃんは鼻くそなどが鼻の穴をふさぐと、ミルクが飲めなくなるので、こまめに採ってあげて。
でも、あまり刺激しすぎると、粘膜を痛めます。綿棒を入れる深さは1センチ程度にして、サッとすばやく取ってあげましょう。
◎ 鼻血が出たら頭を高くして冷やすこと
鼻血は小鼻の部分を指で強くつまめば、直にとまります。ママが血を見て大騒ぎすれば子どもも驚いてしまいますから冷静に、落ち着いて。ティッシュをつめてもかまいません。しかし、一度止まっても動き回るとまた出てしまうことがあるので、慎重に。

このとき鼻血の量なども観察してくださいね。鼻を打ってはれているようなら耳鼻科や形成外科、なかなか鼻血が止まらないようなら小児科の診察をうけたほうがよいでしょう。
@ 鼻血がのどに流れ込まないように頭を高くして寝かせます。小さな赤ちゃんなどの場合は抱いてあげてもかまいません。
  ↓
A どちらの鼻から出血しているのか確認してから、小鼻を押し続けます。
  ↓
B なかなか止まらない場合、鼻の穴にティッシュを詰めて押さえ、冷たいタオルで冷やしてください。(保冷剤などで冷やしてもOK)
   
C 様子がおかしいときは受診を。冷やすことも忘れずに
◎ 鼻水のふき取りのしすぎで、鼻の下が赤くなったら
鼻水自体やティッシュのこすれなどで、鼻の下が赤くなることがあります。そんなときは鼻水が出にくい睡眠中に、刺激性の少ない軟膏を塗ってあげると良いでしょう。
それと、鼻水を拭くときは、ティッシュよりも濡らしたガーゼハンカチのようなもののほうが刺激が少ないようです。
 ページトップに戻る