症状別でみる緊急度チェック
赤ちゃんや子どもの具合がわるいとき、いちばん悩むのは病院へ行ったらいいのかどうか・・・
このまま様子をみたほうがいいのかな・・・
特に病院がお休みのときや夜中に起きたときに参考にしてください。
発 疹 急いで病院へ 受診する 様子をみる
※疑われる病気・・・・・・これらの病気がすべてというわけではありません。
発疹の様子 その他の症状 疑われる病気 緊急度

●熱がある
同時に発疹が出る 水疱がある ●紅斑、丘疹、水疱、膿発疹、かさぶたなどいろいろな段階の発疹が混ざっている。
・体のあちこちに出る 
●発熱はあったりなかったり軽い事が多い
かゆみがある
水ぼうそう

赤い発疹 ●小さめの紅斑。数は少数で全身に出る。2〜3日で消える ●軽い発熱。白目が赤い。
リンパ節がはれる
風 疹

●両頬に出る真っ赤なびまん性の紅斑。腕、太ももに出る 他の症状はない 伝染性紅斑

●粟粒大の小さな紅斑が集まって一面に赤くなる。
特徴は健康な皮膚がなくなる
●急な発熱
●のどが赤い
猩紅熱

発熱の後発疹がでる 水泡がある ●米粒〜大豆のような水泡
・口の中にもでき、痛がる
・手足、口にできる
●発熱はあったりなかったり 手足口病

赤い発疹 ●不規則な形の紅斑が全身に出る。。
・米粒〜えんどう豆大の大きさで健康な皮膚が間に残る。
●3〜4日の発熱と何日も続くせき、目やに はしか

●唇、手のひら、足が赤くなる ●高熱が続く。目が充血。いちご舌。首のリンパ節がはれる 川崎病

●いろいろな種類の発疹 ●かぜ症状
●消化器症状
夏かぜ

熱が下がってから発疹 赤い発疹 ●いろいろな種類の発疹 ●かぜ症状
●消化器症状
夏かぜ

●3〜4日の高熱の後小さめの紅斑が全身にでる。
・2〜3日で消える
●軽い下痢を伴うことも。2歳以下で初めての発熱ということが多い。 突発性発疹

●熱がない 水泡がある ●1〜5ミリの半球状で大きいものは中央がへこんでいる。
・全身にできる
ほかの症状はない 水いぼ
(伝染性軟属腫)

●鼻や口の周りの水疱、びらん。かさぶたができ、次々とほかのところにもできる。 ーーーーー→ とびひ

赤い発疹 ●かゆみが強い。急にあらわれる。境界線がはっきりして平らに盛り上がる ●数時間で消える
●繰り返しも多い
じんましん

●汗をかきやすい背中、首筋、顔に ーーーーー→ あせも

●顔、ひじの内側など。
・カサカサすることも
●かゆみが強い 湿疹

●下肢に粟〜米粒代の赤〜紫色の発疹が急にいくつもできる。定規で押しても消えない(紅斑は消える) ーーーーー→ アレルギー性
紫斑病
突発性血小板
減少性紫斑病

●1センチ以上、1〜数個以内紫色になり、自然に消える ーーーーー→ 打ちみ
 ページトップに戻る
<<< 子ども救急119番に戻る