ヘルパンギーナ

   【 症状 
乳幼児にみられる夏かぜの一種。39度くらいの熱がでて、のどの奥にに水泡ができます。
   【 原因 
コクサッキーウィルスの飛沫感染によるものです。感染から発症まで3〜5日です。
5才以下の子どもに多くみられ、季節は夏から秋にかけて多く見られます。
   【 経過 
39度くらいの高熱が突然出てのどの奥、のどちんこの根元に水泡が数十個できます。これが破れるとただれがひどくなり、潰瘍になって、痛みます。せきや鼻水はありません。
高熱は2〜3日で下がり、水泡も1週間くらいで治ります。
   【 治療 
自然に治ります。
口の中が痛むので、食べなくなりますが、水分の補給には十分注意し、脱水症状を避けましょう。軟らかいもの、味の薄いものを少しずつ与えるようにしてください。
あまりに高熱が続く場合は解熱剤を使う事もあります。

<< TOPへ戻る