風疹(三日はしか)

   【 症状 
風疹ウィルスの感染で起き、学童に多い。熱や発疹が出ますが、症状は軽く3,4日で治ります。
   【 原因 
風疹ウィルスの飛沫感染です。
感染してから発症するまでの期間は2〜3週間です。感染力ははしかほど強くはありません。幼児期にかかることは比較的少なく、学童に多くみられます。一度かかれば二度とかかりません。 
 【 始まりの症状 
軽い発熱とともに、耳の後ろや首のリンパ節が数個、小指の先くらいにはれ、押すと軽い痛みを感じます。小さく赤いブツブツとした発疹が顔や首に出てすぐに全身に広がります。
熱がでないこともあり、初期には診断がつきにくい病気ですが、血液の抗体を検査すれば診断がつきます。
   【 経過 
症状は軽く、名前のとおり熱も発疹も3〜4日で治ります。耳の後ろやリンパ節のはれは3週間以上続くこともありますが、自然に治ります。のどが赤くなったり、結膜炎を起こして目が赤くなることがあります。
   【 治療 
風疹ウィルスには特に有効な薬はないので、風疹だとわかったら安静にしていればだいじょうぶです。
熱が出て食欲がない、期限が悪いなどの場合解熱剤を使うこともありますが、38度くらいなら解熱剤はほとんど使いません。のどの痛みはひどくないので食事は消化の良いものを食べさせるようにしてください。
 【 予防接種 
予防接種は1才から受けることができます。
妊娠初期に感染すると、おなかの赤ちゃんに先天性風疹症候群を引き起こすことがあります。
先天性風疹症候群・・・・妊婦が妊娠初期に風疹にかかったのが原因で、生まれた赤ちゃんに先天異常を起こすもの。感染して胎児に影響が出る確率は妊娠1ヶ月以内で約5割、3ヶ月以内で約2割、6ヶ月以降は感染しても先天異常はほとんど起きません。

<< TOPへ戻る