百日ぜき

 
 TOP > 
感染症 > 百日ぜき

   【 症状 
百日ぜき菌の感染で乳幼児が多くかかります。かぜのような症状のあと、せきだけが2〜3週間残ります。
   【 原因 
百日ぜき菌の飛沫感染で2才未満の幼児が多くかかります。感染してから発症まで1〜2週間です。
最初の2、3週間は感染させやすいのですが、その時期を過ぎたら心配はありません。
1度かかると免疫ができます。
 【 症状と経過 
最初はくしゃみ、せき、微熱・・・とかぜに似た症状が1〜2週間続きます。次にレプリーゼという笛のような吸気になり、特に夜間にひどくなります。このせきは2〜3週間続き、だんだんと治まりますが2ヶ月くらい続く事があります。
 
◎ レプリーゼ・・・顔を真っ赤にしてコンコンと咳き込み、ヒューっと音を立てて大きく息を吸い込むのを繰り返します。1回のせきの発作は2〜3分ですが、1日に数十回起き、特に夜中に多いので、なかなか寝付けなくなります。1才未満の赤ちゃんがかかると、せきの最中に、無呼吸、ひきつけを起こす事ががあります。
   【 治療 
百日ぜきはごく初期なら抗生物質が有効ですが、せきを軽くする事は難しく、泣くなどのちょっとした刺激でも起こるので注意が必要です。
室内を乾燥し過ぎないように。おなかいっぱい食べさせてもせきが出やすくなるので少量ずつ食べさせてください。また水分補給にも留意しましょう。
 【 予防接種 
最初はくしゃみ、せき、微熱・・・とかぜに似た症状が1〜2週間続きます。
次にレプリーゼという笛のような吸気になり、特に夜間にひどくなります。このせきは2〜3週間続き、だんだんと治まりますが2ヶ月くらい続く事があります。
  
● レプリーゼ・・・顔を真っ赤にしてコンコンと咳き込み、ヒューっと音を立てて大きく息を吸い込むのを繰り返します。1回のせきの発作は2〜3分ですが、1日に数十回起き、特に夜中に多いので、なかなか寝付けなくなります。1才未満の赤ちゃんがかかると、せきの最中に、無呼吸、ひきつけを起こす事ががあります。



<< TOPへ戻る