おうちで看護するママ、応援マニュアル

看護の基本は病人のかたが快適に過ごせるようにすることです。
赤ちゃんや子どもは、言葉で要求を話すことが難しいのでその分も心遣いしてあげたらいいですね。

1、発熱のとき
赤ちゃんはよく高い熱を出します。そんなとき驚いてオロオロとしてしまいますが、まず、落ち着いて、落ち着いて。

熱が出るのは、体の防御反応です。赤ちゃんや子どもの体が体内に侵入してきた病原菌をやっつけようとがんばっているのです。だから、無理に熱をさげようとせずに熱のある間、なるべく快適に過ごせるように気を配ってあげましょう。

特にガタガタと寒がったり、逆に暑がったりしているときは温度調節をこまめに。のどがかわくので水分もまめに与えるようにしましょう。           
 >> 発熱のときの看護はこちらから
2、せきがでるとき
せきの苦しさを軽くするときは、お部屋の空気に気をつけて。

空気がよどんでいたり、乾燥していたりするとせきが出やすくなります。湿度を少し高めにして、こまめに換気を行い、きれいな空気を取り入れるようにしてください。

そして咳き込んでしまったら、できるだけせきが出やすいように背中を真っ直ぐにしてたたいてあげます。冷たい風に当たると、せきこみやすくなるし、せきが出ると体力を消耗しますので、症状がひどいときは外に出るのを控えた方が良いです。
 >> せきがでるときの看護はこちらから
3、嘔吐するとき
ちょっとミルクを吐いたり、咳き込んで食べたものを少量もどすのは、赤ちゃんにはよく見られることなので、吐いた後も元気ならそれほど神経質になる必要はありません。


でも、一気にドッと吐いたとき、何度も吐くような時は脱水が心配です。様子をみながら少量ずつ水分を採らせるようにしましょう。また、常に吐き気がある、何度も吐く、吐いた後グッタリしている、機嫌が悪いというときはすぐに受診してください。
 >> 嘔吐するときの看護はこちらから
4、鼻水鼻血
元気で食欲もあり、熱もなく、ただ鼻水が出ている状態なら急いで病院に行くほどではありません。
鼻の通りをよくするため、鼻吸い器や綿棒を使って鼻水を取ってあげてください。

でも、鼻がつまって夜眠れない、ミルクも飲めないとなったら、病院で薬をもらうなどして、鼻のつまりを解消してあげたほうがいいでしょう。鼻血が出たときは、鼻の穴を鼻の上から指で押さえて、鼻のつけ根をタオルで冷やすと早く止まります。
 >> 鼻水鼻血がでたときの看護はこちらから
5、口内炎ができたとき
口内炎でかわいそうなのは本人はおなかが空いているのに、飲んだり食べたりすると、口の中が痛くてどうしようもないこと。水さえ飲めない重症のこともあります。

そんなときは脱水症状が心配ですので、必ず病院へ行ってください。とはいえ、特効薬はないので、少しずつよくなるのを待つしかありません。痛みがある間は機嫌が悪くなりがちです。
元気なら外の空気を吸わせたり、部屋で遊ばせたり、気分転換をしてあげてください。
>> 口内炎ができたときの看護はこちらから
6、下痢のとき
少しぐらい便がゆるくても、元気で食欲があり、機嫌がよければミルクや食事の制限はする必要はありません。下痢は腸の中の悪者を外に出そうとする現象ですから、むしろ止めずに出させてしまったほうがいいのです。

ただ、機嫌が悪い、嘔吐と一緒になっている、便が真っ白になっているときは必ず診察を受けましょう。それと下痢が長引くと、オムツかぶれも心配。まめにおしりを洗い流してあげましょう。
>> 下痢のときの看護はこちらから
7、便秘になったら
母乳の出がわるくなって、粉ミルクに替えたとき、離乳食をはじめたとき、気候の変化などにも赤ちゃんはすぐ便秘します。でも機嫌がよく、おなかを痛がっている様子もないなら、3日くらいの便秘は気にしなくても大丈夫です。

ただ、おなかがパンパンに張っていたり、腹痛があるようなときはうまく便を出してやったほうがいいでしょう。薬を使わずに家庭でできる効果的な方法がたくさんあります。
>> 便秘のときの看護はこちらから
8、からだの拭き方
かぜをひいて熱があるときなどは、お風呂には入れません。でも、新陳代謝の激しい赤ちゃんです、お風呂に入れなくても体は清潔にしてあげたいですね。

そこで、あたたかいタオルで体を拭いてあげましょう。ただし、具合が悪いということを忘れずに、保温には気を配ってください。お部屋をあたたかくし、体をバスタオルで包みながらふいていきます。
>> 体の拭き方をくわしく知りたい方はこちらへ
>>> TOPに戻って症状別でチェックしてみる
 ページトップに戻る