クループ症候群

  【 こんな病気 
主にパラインフルエンザやRSウィルス、アデノウィルスの感染による、喉頭(のど)の炎症です。冬に多くみられます。
喉頭のあたりは気道の中でもっとも狭く、ここに炎症が起こると、気道を塞ぐので呼吸しにくくなります。
  【 症状 
最初はかぜの症状から始まり、せきがひどくなってケーンケーンという甲高い犬の遠吠えのようなせきが出ます。そのうち、咳き込んだ後、20〜30秒間、呼吸が止まってしまいます。
  【 治療 】
ひどくなると、呼吸困難になる恐れがあります。また、夜間に苦しくなることが多いので、クループ特有のせきが出たら、なるべく早く受診します。

呼吸困難がひどいときは、酸素テントに入って加湿したり、気管内挿管や気管切開などの入院治療が必要になります。ゼーゼーがひどく、呼吸のたびに肋骨の間がへこむようなら、夜間や休日でもすぐに受診します。

泣くと喉のむくみがひどくなるので、泣いたらあやして早く泣き止むようにします。
 

<<< 救急119番へ戻る