急性鼻炎

  【 こんな病気 
 かぜをひいたときに、鼻水がひどくなったり、鼻が詰まったりした状態。
 最初は透明のサラサラした鼻水が出ますが、だんだん白色や黄色になり、粘っこくなって鼻が詰まりやすくなります。
 鼻が詰まると、呼吸が苦しそうになり、母乳やミルクを飲みにくそうにします。寝ているときにいびきをかくときもあります。
  【 治療 
 熱が出たり、下痢や嘔吐する、などのほかの症状がなければ、軽いうちは家庭で様子をみてください。
 サラサラした鼻水が出ている状態なら、ガーゼなどでこまめにふき取ります。鼻が詰まってきたら、ママの口で吸うか、スポイト状の吸引器を使って吸い取ります。

 急性鼻炎はウィルスによる炎症なので、症状を抑える治療がメインになります。鼻水が多ければ、抗ヒスタミン剤や消炎酵素剤を内服します。上気道炎も同時に起こっていることが多いので、その場合はせき止めも使います。
 呼吸が苦しそうなときは鼻の粘膜を収縮させる点鼻薬を使うこともありますが、小さい子どもの場合は心臓に負担がかかったり、使いすぎると薬の刺激でかえって鼻の粘膜が厚くなったりすることがあるので、必ずお医者さんのしたがって使うように。

<<< 救急119番へ戻る