急性気管支炎

  【 こんな病気 
ウィルスや細菌の感染を受けて気管支の粘膜にも炎症が及ぶもの。かぜが治りきらず、引き続いて起こることもあります。
  【 症状 
38度以上の高熱が出て、激しくせきこみます。初めはコンコンという乾いたせきが出ますが、だんだん痰が絡んだような湿ったせきに変わります。
  【 治療 】
せきがひどいと、体力を消耗して、病気も治りにくくなります。
また、赤ちゃんの場合、せきをすると吐きやすいので、受診して痰を出しやすくする薬や、せき止めを処方してもらいます。

 細菌感染を合併していることが多いので、抗生物質を処方されることが多いです。
一度にたくさん食べたり飲んだりすると、せきがでたときに吐きやすくなります。授乳や食事は、少量ずつ、回数を多く与えるようにします。

 気管支炎の場合は、安静にしていると、1〜2週間で症状は軽くなります。長引く場合は、肺炎を併発している心配がありますので、受診して検査を受けた方がようでしょう。
 

<<< 救急119番へ戻る