泣き入りひきつけ

  【 こんな病気 
生後6ヶ月から、3〜4才の子どもに多くみられ、かんしゃくを起こして大泣きしたり急にビックリしたときにけいれんを起こすもの。
  【 原因 
赤ちゃんや子どもは脳の発達が未熟なため、わずかの刺激でも脳細胞を刺激し、けいれんを起こしやすいものです。大泣きしたり、びっくりしたり、突然の大きな不安なども、けいれんの原因となります。
  【 症状 
呼吸を止め、顔が紫色になって全身をつっぱらせたり、蒼白になってぐったりします。ときには、意識を失うことがありますが、発作は多くの場合、1分以内でおさまります。
  【 治療 
一時的にひきつけただけなので、治療の必要はありません。脳の未熟さが原因となるので5〜6才になって脳が発達してくると、自然に起こらなくなります。

ひきつけを起こしやすい子供でも大泣きしたりかんしゃくを起こしたときに抱き上げて気を紛らわすと、ひきつけなくて済む場合があります。

<<< 救急119番へ戻る