難聴

TOP> 難聴

  【 こんな病気 
 片方、もしくは両方の耳がよく聞こえない状態をいいます。
 外耳道、鼓膜、耳小骨など、音の伝わる部分に障害があり、聞こえが悪いものを伝導性難聴といいます。内耳までは音が伝わっているのに、そこから神経、脳の大脳皮質に伝えるどこかに障害があるものを感音性難聴といいます。
 先天性の難聴の多くは感音性難聴です。
  【 原 因 
 先天性だけでなく、感染症の後遺症の場合もあります。
 先天性の難聴には、外耳道閉鎖、中耳奇形、遺伝性の難聴、先天性風疹症候群などがあります。しかし、原因不明のことも。
 後天性のものとしては、中耳炎、おたふくかぜ髄膜炎の後遺症などが知られています。
  【 症 状 
 赤ちゃんのときから、大きな音に反応しない、ママやパパの呼びかけやテレビの音に反応しない、ガラガラの音のする方を見ない、・・・・など音に対して反応がありません。
 言葉を話し始めるのは、個人差が大きいのですが、1才半になっても言葉がまったく出ないときは、難聴の疑いもあります。
  【 治 療 
 伝音性の難聴は、治療をすれば治る可能性があります。外耳道閉鎖や中耳奇形の場合は、多くは片方の耳だけに奇形があることが多いので、骨などの発達をみながら、適切な時期に手術をします。
 両方の耳に伝音性難聴があり、手術によって聴力が回復しそうにない場合は、感音性難聴と同様に訓練を行います。

 感音性の難聴は、有効な治療法がほとんどありません。片方の耳だけが難聴の場合は、訓練の必要はありません。しかし、両方の耳が難聴の場合は、早く発見して、ろう学校などの専門的な教育機関で難聴訓練を行い、言葉を獲得するために必要な能力を育てる必要があります。難聴の程度に応じて補聴器をつけ、残ったわずかな聴力を補聴器で増幅することによって、世の中にある意味を持った言葉を理解させ、言葉を覚えていく手助けをします。

 早い時期に難聴を発見できれば、もっともよい時期から訓練を開始させることができます。3歳ころまでに訓練を始めないと、効果が上がらないことがあるので、なるべく早く発見して早く訓練を開始するのが理想的です。
 実際には1才半頃までに開始できれば十分ですが、施設によっては生後1ヶ月でも、難聴があると分かった時点から、補聴器をつける場合もあります。
 
 耳の聞こえがおかしいと思ったら、生後まもなくでもなるべく早く耳鼻科を受診しましょう。小さい赤ちゃんでも脳波による聴力検査をすれば、難聴があるかどうか発見することができます。
 1才半にんなっても、言葉がひとつも出なかったら、耳の聞こえが悪そうでなくても一度は聴力の検査を受け、言葉の出ない原因を調べてもらう必要があります。

<<< 救急119番へ戻る