熱性けいれん

  【 こんな病気 
38度以上の熱が急に出たときに、けいれんを起こし、意識を失います。ときにはけいれんを起こした後に熱があがることがありますが、これも熱性けいれんと考えてください。
5才以下の子どもの3〜4%にみられ、そのうちの3割くらいは何度か繰り返すといわれます。

髄膜炎のような感染症によるけいれんや脱水による発熱に伴うけいれんは、熱性けいれんとはいいません。
  【 原因 
脳の発達が未熟なうちは、熱が出たなどわずかな刺激が脳細胞を刺激してけいれんを起こします。
遺伝的にけいれんを起こしやすい素因が関係しているとも考えられています。
  【 症状 
けいれんというのは自分の意思とは関係なく、筋肉が硬直してつっぱり、筋肉が収縮してガクガクと動きます。
多くの場合、両方の手足をピーンと硬くつっぱった後、両手両足を震わせます。黒目が上に上がって白目をむき、唇が紫色になることもあります。意識はなく、名前を呼んでも反応はありません。

しかし、良性の熱性けいれんではほとんど2〜3分でこの発作はおさまり、長くても10分以上続くことはありません。その後は何もなかったようにけいれんの前の状態に戻り、ときにはそのまま眠ってしまうこともあります。
  【 治療 
単純な熱性けいれんであれば、発作自体が生命にかかわることはありません。
また、熱とともにけいれんを起こす病気に、複雑型の熱性けいれんがあります。これを区別するには、よくけいれんの状態を観察し、持続している時間を計ってください。

熱がそんなにも高くないのにけいれんが起こったときにはてんかんの疑いがあります。発作がおさまったら熱を測ってみて。そのときに熱が高くなくても30分くらいあとに熱がでてきたら、熱性けいれんの疑いと考えてよいでしょう。

良性のものの場合、特に治療の必要はありませんが、念のため、けいれんが落ち着いてから、受診すると良いでしょう。けいれんが夜中や休日に起きたときは翌日の受診で大丈夫です。

何度も繰り返すような場合、発熱したときに解熱剤とともに抗けいれん剤をつかってけいれんを予防したほうがよいでしょう。
● 複雑型熱性けいれん
 次のようなけいれんが起こった場合は後でてんかんが発症する可能性があり、注意が必要です。できるだけ早めに受診を。
 @ けいれん発作が10分以上続く場合。
 A けいれんの強さや目の向き、頭の向きに左右差がみられたり、身体の一部だ  けにけいれんが起こったりする場合。
 B 1日に何回もけいれんを繰り返す場合。
>>> 熱がでたときの看護のポイント

>>>  ひきつけたときの応急処置 

<<< 救急119番へ戻る

<<< 発熱の症状でみる緊急度チェックへ戻る