脳炎

  【 こんな病気 
ウィルスや細菌に感染して、脳に炎症を起こす病気です。多くはウィルス感染によって起こります。
  【 原因 
原因となるウィルスはたくさんありますが、よくみられるのは、はしかや風疹、水ぼうそうなどに合併して起こるものです。また単純ヘルペスというウィルスによって起こるヘルペス脳炎は、多くの場合、重症になります。

コガタアカイエカという蚊がウィルスを媒介する日本脳炎がよく知られていますが、予防接種が行われるようになって発病することはほとんどなくなりました。
  【 症状 
ぐったりして寝てばかりいる、ボーっとして反応が鈍い、などの意識障害が主な症状です。けいれんが起こることもあります。また発熱や嘔吐を伴う場合もあります。

はしかや水ぼうそうが治ったあとに、このような症状があるときは、脳炎の疑いがあります。
  【 治療 】
脳浮腫といって、脳が非常にむくむため、脳圧降下剤を点滴して、浮腫を取る療法を行います。
ヘルペス脳炎には、抗ウィルス剤を投与します。

脳炎が治っても、運動機能や知能に障害が残ることがありますので、早期に発見して治療を受けることが大切です。

<<< 救急119番へ戻る