症状別でみる緊急度チェック
赤ちゃんや子どもの具合がわるいとき、いちばん悩むのは病院へ行ったらいいのかどうか・・・
このまま様子をみたほうがいいのかな・・・
特に病院がお休みのときや夜中に起きたときに参考にしてください。


嘔 吐 急いで病院へ 受診する 様子をみる
 >> 看護のポイント                 ※疑われる病気・・・・・・これらの病気がすべてというわけではありません。
吐くときの様子 その他の症状 疑われる病気 緊急度

●わりと元気がある 熱はない ●授乳の後すぐ吐く ●体重は増えている 赤ちゃんに良く見られる生理的なもの

熱がある ●下痢を伴うこともある ●せき、鼻水などかぜ症状 かぜ症候群

●ぐったりしている 熱はない ●生後直後から授乳後毎回のように噴水状に吐く ●体重が増えない 肥厚性幽門狭窄症

●急に激しく、間隔をおいて泣く。血便を伴うこともある ●顔色は悪い 腸重積

●頭を打った後嘔吐が始まる ーーーー→ 頭部打撲

熱がある ●激しい頭痛。何度も吐く ●首筋が固くなる。
ひきつけたり意識障害も。
髄膜炎など

●吐き気があり、何回も吐く。下痢を伴うこともある ●脱水症状でぐったり 白色便性下痢症・急性消化不良症など

>> 嘔吐するときの看護のポイント
 ページトップに戻る
<<< 子ども救急119番に戻る