プール熱(咽頭結膜熱)

  【 症状 
熱は3〜4日続き、腹痛、下痢、せきなどが出ることがあります。
  【 かかりやすい年齢 
赤ちゃんには少なく、幼児から小学生に多くみられます。
  【 原因 
アデノウィルスによっておきます。感染者のつば、目やになどが感染源です。
プールで感染する事が多いので、この名前で知られています。感染してから発症までの潜伏期間5〜7日です。
  【 経過 
熱、腹痛、下痢、せきなどの症状は1週間くらいで治まります。
 【 治療 
治療薬は特にないので、対処療法を行ないます。
高熱には解熱剤、鎮痛剤を、頭は冷たいタオルで冷やします。目やにが出るときは二次感染を防ぐため、目薬などを使います。38.5度以上の高熱のときは受診を。
 【 予防接種 
特にありません。
伝染しやすい病気ですので、流行したらよく手を洗う、目やにのついたタオルを共用しないこと、などで予防します。症状が消えても3日は幼稚園、学校は休ませ、プールにも入らないようにします。

TOPへ戻る