細気管支炎

  【 こんな病気 
かぜなど、感染による上気道の炎症に伴って起こることが多い。ほとんどは冬から春先にかけて、同居している家族がかぜなどひいているときに起こりやすいです。

気管支の奥にある細気管支に、炎症が起こります。2才以下、特に6ヶ月未満の赤ちゃんでは、RSウィルスなどのウィルスに感染すると、この細気管支炎が起こることがあります。
  【 症状 
上気道の感染があると、もともと細い赤ちゃんの細気管支がさらに細くなり、空気が通りにくくなるため、呼吸困難を起こしやすくなります。熱があまり高くないのに、ゼーゼーとせきがひどくなり、呼吸が速くなっておっぱいやミルクが飲みにくくなります。

ひどくなると、チアノーゼを起こすことがあります。呼吸のたびに鼻がぴくぴくしたり、肋骨と肋骨の間がへこむようなことがあったら、夜間や休日でも、すぐに受診を!
  【 治療 】
急に症状が悪化することもあるので、入院治療が必要になります。
 

<<< 救急119番へ戻る