症状別でみる緊急度チェック
赤ちゃんや子どもの具合がわるいとき、いちばん悩むのは病院へ行ったらいいのかどうか・・・
このまま様子をみたほうがいいのかな・・・
特に病院がお休みのときや夜中に起きたときに参考にしてください。


せ き 急いで病院へ 受診する 様子をみる
 >> 看護のポイント                 ※疑われる病気・・・・・・これらの病気がすべてというわけではありません。
せきの様子 その他の症状 疑われる病気 緊急度

●わりと元気だ
熱はない ーーーー→ ●生まれつき息を吸うときにゼーゼーする ●ほかは元気で体重も増えている 先天性喘息

●体重が増えない 心臓、肺などの慢性疾患

熱がある ーーーー→ ●せきが長く続くが、呼吸困難はない ●数日前から1週間以上熱が続くが重症な感じではない マイコプラズマ肺炎

●軽いかぜ症状 ーーーーー→ かぜ症候群

●ぐったりしている
熱はない 呼吸は普通 ●ゼーゼー、ヒューヒューという。赤ちゃんに多い ーーーーー→ ぜんそく様気管支炎

呼吸が苦しそう ●突然せきこむ、むせて苦しがる ほかの症状はない 気道をつまらせる(ピーナツなどで

●コンコンヒューンという特徴的なせきが長く続く。
・顔を真っ赤にして咳き込む。・夜間に多い
●せきがないときは元気。せきの後、嘔吐しやすい 百日ぜき

●先天性心臓病で息づかいが荒く、呼吸困難になる ●チアノーゼ、むくみ 心不全

●ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸困難。発作的に繰り返す。息を吐くときに苦しそう。発作の途中からせきやたんが出る ーーーーー→ 気管支ぜんそく

熱がある 呼吸は普通 ●たんがからんだり湿った感じのせきが続く ●熱が続き、食欲・元気がない 肺炎・化膿性胸膜炎

呼吸が苦しそう ●犬がほえるような甲高いせき。声がかれる。息を吸い込むとゼーゼーする ●かぜのような始まり。夜はつらいが、昼は平気。ひどいときは呼吸困難。3才ごろまで クループ

●せきの発作。呼吸が速くなる。息を吸い込むとゼーゼーする ●はじめの数日は鼻水、せきなど。
2歳以下
細気管支炎

●苦しそうなせきで呼吸困難になるときも。 ●3〜4日の高熱のあと、再度の発熱と発疹 はしか

>> せきが出るときの看護のポイント
 ページトップに戻る
<<< 子ども救急119番に戻る