水ぼうそう(水痘)

 
TOP > 感染症 > 水ぼうそう

  【 症状 
水痘ウィルスの感染で乳児から幼児がかかりやすい感染症。37〜38度の熱とともに水泡ができます。
  【 原因 
水痘ウィルスの飛沫感染や接触感染で起こります。
感染してから発病するまで2〜3週間です。目安として発疹のでる1〜2日前から発疹がかさぶたになる時期です。
 【 かかりやすい年齢 
乳児から幼児期の子供がかかりやすい感染症です。水痘ウィルスは感染力が強く。一度かかると免疫ができます。
   【 経過 
37〜38度くらいの熱と頭や耳の後ろに赤い小さな水疱が出て、全身に広がります。この発疹は水が入って小豆くらいの水疱になり、膿をもつようになり、このころがかゆみの方もピークです。
膿疱は2,3日で黒褐色のかさぶたになって1週間くらいで治り、かさぶたが取れた後の皮膚にはしみのような跡が残りますが、数ヶ月で自然に消えます。
熱はふつう、3,4日で治ります。
   【 治療 
免疫不全があったり、重い場合はアシクロビルという薬を使います。ふつうは自然に治ります。
非常に強いかゆみを伴うのが特徴です。かゆみをなるべく感じさせないよう、室温や衣服を加減して暑さを感じさせないようにして、爪は短く切って手は清潔にしておきましょう。
かゆみが強いときは石炭酸亜鉛華糊膏を塗ります。が、あまり期待はできません。
 【 合併症 
無菌性髄膜炎や脳炎を起こすことがあります。また、水ぼうそうは治っても、水痘ウィルスは長くからだの中の神経節細胞内に留まっているため、数十年後に帯状疱疹という病気を起こすことがあります。
   
● 帯状疱疹・・水ぼうそうにかかって数十年して免疫力が落ちて水痘ウィルスが活性化すると起きます。
中年以降の人に多く見られますが、免疫不全の子供にもみられます。神経痛が残ることがあるので早めに受診しましょう。
 【 予防接種 
任意の予防接種があります。
兄弟などでどちらかが先にかかった場合、免疫のない人は早めのワクチン接種で予防できる場合があります。

TOPへ戻る