水頭症

  【 症状 
頭囲が平均値より標準偏差の2倍以上(2SD以上)大きくなります。特に、急に大きくなったときはこの病気の疑いが強くなります。母乳やミルクを吐いたり、大泉門が大きく開いたり、額が前方に突き出すこともあります。

そのままにしておくと脳実質が圧迫されて麻痺やけいれんなどが起こり発達の遅れを伴うことがあります。
  【 原因 
化膿性髄膜炎などの感染症の後遺症や脳腫瘍、または先天的な脳の奇形によって起こります。
   【 治療 
脳にたまった脳脊髄液をチューブで人工的におなかの中に出してあげるシャント術という手術をします。
この手術で脳実質の圧迫を防ぐことになります。

適切な時期に手術をすると、発達の遅れはほとんど起こさずに済みます。頭囲が急に大きくなったときは、すぐに小児科専門医、小児神経科を受診してください。

TOPへ戻る