とびひ(伝染性膿痂症)


 TOP > 感染症 > とびひ

  【 症状 
かゆみのある水泡ができ、あちこちに移りやすいです。
  【 原因 
ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌の感染で起こります。乳幼児から学童に多く、初夏から夏にかけて発症します。
湿疹や虫さされをかいた傷あとなどジュクジュクしているところに菌が感染すると起こります。
   【 経過 
かゆみのある水疱になります。この水泡は破れやすく、破れるとかさぶたをつくります。破れたときに菌が散って菌がついたところにまた水泡ができます。
かゆいのでかくと、菌が飛び散り水泡があちこちにできます。
    
   【 治療 
患部をよく消毒して抗生物質入りの軟膏を使います。湿疹用のステロイド軟膏は症状を悪化させるので、使いません。ひどいときは抗生物質を内服することもあります。
爪を短く切って、ひっかかないようにします。患部はガーゼなどで覆って、水泡が破れたときに菌が飛び散るのを防ぎます。
治るまで入浴やプールは避けますが、シャワーなどで皮膚は清潔に保つようにしましょう。



TOPへ戻る