突発性発疹

  【 症状 
生まれて初めての高熱がこの病気の多い。ヒトヘルペスの感染で起こます。
突然39度くらいの高熱が出て、3〜4日続きます。熱が下がると、小さな赤いプツプツした発疹が全身に出ます。この発疹はかゆみがほとんどありません。
高熱があるわりに元気なのが特徴。反面
ぐったりして元気がない場合はほかの病気が考えられますので受診を。
  【 原因 
ヒトヘルペスが原因で感染力は弱く流行性はありません。
感染してから発症するまでは1〜2週間です。2才以下の赤ちゃん、特に生後6ヶ月から1才くらいにかかりやすく、生まれて初めての高熱がこの病気ということが多いです。
  【 経過 
発疹は3〜4日で消えます。下痢をしたり、鼻水がでることがありますが、せきなどは出ません。高熱のため、熱性けいれんを起こすことがあります。
  【 治療 
いつもより母乳やミルクの飲み方が悪くなりますが、その場合は白湯や薄いお茶などで水分補給を十分にし、家庭で安静にしてください。
解熱剤を使うことがありますが、一時的に熱が下がるだけで完全には下がりません。
熱や発疹のあるときは入浴をさけますが、オムツかぶれを起こさないようにおしりは清潔を保つようにお湯で洗う、オムツはまめに交換してください。
あまり危険のない病気ですが、38.5度以上の高熱が長く続くようであれば、受診を。また、熱性けいれんを起こしたらすぐ受診してください。
 【 予防接種 
特にありません。


<<< 救急119番へ戻る