溶連菌感染症


 救急119番TOP > 感染症 > 溶連菌感染症

  【 症状 
高熱が出て、舌にいちごのようなブツブツができます。
  【 原因 
溶血性連鎖球菌(溶連菌)が飛沫感染により、感染します。感染してから発症までの潜伏期間は2〜7日です。
 【 かかりやすい年齢 
幼児期から学童期に多く、幼稚園や小学校で集団発生することが多く、学童期の兄弟がかかると幼児にも感染します。
  【 経過 
 のどが痛み、38〜39度の高熱が出ます。
のどや口の中が炎症を起こして真っ赤になり、食べ物や飲み物を飲んでも痛みがあります。お腹が痛くなることもあり、吐いたり、頭痛をおこしたりします。
1〜2日すると、かゆみのある発疹が全身にできます。
3〜4日すると、舌にいちごのようなブツブツができ唇のはしが荒れてきます。
治療して2〜3日で熱がさがり、発疹も薄くなります。2週間して、手足の皮膚がむけることがありますが、痕は残りません。

   【 治療 
診断がつけば溶連菌に有効なペニシリン系などの抗生物質を服用します。
抗生物質を服用すると2〜3日で症状は消えますが、抗生物質の服用は続けてください。みかけの症状はなくなっても溶連菌はのどに残っていて再発したり、合併症を起こしたりします。またしばらくは他人にうつす危険もあります。
普通抗生物質は2週間くらいの服用ですがかかりつけの医師の指示を受けてください。
抗生物質がよく効き早めの治療が望まれる病気なので高熱がでた時期に早めに受診を。
 【 合併症 】
回復後、2〜4週間してから稀に急性腎炎やリウマチ熱、アレルギー性紫斑病などを起こすことがあります。顔がむくんだり、尿の異常、動悸、息切れ、関節痛などがあったらすぐに受診を。
合併症の発生は溶連菌感染症にかかった人の1%くらいにみられます。長期治療が必要だったり、後遺症を残す危険性の合併症もありますので、初期治療をきちんと受けなければなりません。
  ● リウマチ熱・・・・溶連菌感染症の
 【 予防接種 


<<< 救急119番へ戻る